忙しいビジネスパーソン向けの婚活エージェント「ストル」の福田です。

アメリカで大ヒットした婚活リアリティーショー

「ラブ・イズ・ブラインド」

日本に上陸し、2月8日からNetflixにて独占配信されています。

全11話となっていて、本日までで9話まで配信されています。

見た瞬間

「これはいろんな気づきがあるな」
「やはりコミュニケーション能力て大切だな」

婚活において色んな気づきがありましたので、本日から1話ずつ私の感想をお伝えさせていただきます。

ラブ・イズ・ブラインドJAPANとは?

24人の男女10日間別々の空間で過ごします。

姿・顔を見ることはなく、話をするときは「ポッド」と言われる小部屋にお互い入り、お見合いし、声だけを聞きながらお相手とコミュニケーションをとっていきます。

デートをするのも「ポッド」の中で話をするのみなので、直接会うことは一度も出来ません。

「会ってみたい」
「直接話してみたい」

と思ったお相手がいる場合は、プロポーズをします。

プロポーズ成立後ようやく、二人は対面することが出来ます。

婚約期間に入ったふたりは1ヶ月の「バカンス」「同棲」を経て、最後に結婚式が待っています。

心に決めた人婚約者と結婚まで踏み切れるのか?

というあらすじとなっています。

本来の婚活であれば、プロフィール写真があり、年齢、収入、職業、学歴、身長など条件をもとに、お見合いするか、しないかを決めますが、

「外見からではなく内面、心のつながりで相手を選ぶ」

というのがラブ・イズ・ブラインド

声だけで会話をし、お相手を知るところからスタートしていきます。

正直今このブログを書きながらも、早く続きが気になるという状態です。笑

1話が56分なのですが、あっという間なのでまだ見られてない方は是非Netflixからご視聴ください。

以下ネタバレを含みますので、まだ見てない方は是非1話を見てから続きをご覧ください。

参加者の特徴

今回の参加者24名のうち、女性が11名、男性が13名という内訳です。

参加者の職業も起業家、シンガーソングライター、外資系会社員、ヨガインストラクター、美容師、野球代表監督、美容皮膚科医、飲食店経営、お笑い芸人とばらばらです。

また年齢も23歳〜56歳までと幅広い年齢層です。

1話で女性人気が高かった男性は?

女性メンバーから早々に

「話しやすい」
「面白い」
「女性メンバーで人気だよ」

と言われたのがお笑い芸人のオダッチさんです。

さすがお笑い芸人さん、会話を盛り上げ女性のハートを掴み続けます。

ですが女性メンバーから

「話していて盛り上がるけど結婚相手を探しているのか?」
「結婚相手としてはどうなんだろう」

という声も出ます。

そんな中オダッチさんに心惹かれたのはナナコさんです。

ナナコさんは元バレエ講師をしていて、婚姻歴もあるので結婚相手に求める条件

「現実的な生活ができる人」
「安心して一緒に人生を歩める人」

オダッチさんは教員免許を持っているという点でナナコさんとの共通点があり、ナナコさんが悩んだ点に共感してもらえたり、婚姻歴があるという点も肯定してくれ、オダッチさんに惹かれ始めました。

ただオダッチさんはナナコさんには、恋愛感情は湧かないとこの時点ではっきり言ってました。

ですが、2回目話したときナナコさんの少し素の部分を聞いた瞬間

「今まで気を遣って笑っているように感じていたけど、今日話して元気にしてあげたいと思った」

因みにこの時点で二人が話した時間はまだ3時間弱とのことです。

オダッチさんの素敵な言葉だなと思ったのは

「1回結婚を経験されているということは、2回目は絶対良い結婚が出来るし、ナナコさんが離婚してることをネガティブに感じてるのかな?て声だけだけど感じたりしていて。
僕が結婚したい人に求めるのは苦しいことをこの人と乗り越えたいと思える人と一緒になりたいです。なので話し合える人がいいです。」

ナナコさんは

「自分が離婚しているから」

「自分のが年上だから」

という点をネガティブに感じてしまいコンプレックスと伝えるのですが

「ナナコさんが言うコンプレックスは何一つ僕に引っ掛かりないです」

「僕にとってはそのコンプレックスが嬉しいです。ナナコさんが言うコンプレックスが全てストライクです」

こんな風に言って貰えたらそれはもう、泣いちゃいますよね!!

オダッチさんの人の良い面を見て、伝えることが出来るところに本当に拍手したい気持ちでいっぱいでした。

そして行動力の早さ!

オダッチさんはこの後ナナコさんにプロポーズして、ふたりは結ばれます。

女性メンバーは2人くらいに絞って比較検討している方が多いように感じましたが

男性メンバーの会話を見ると

「誰がいいんだろう…」
「全員良い人すぎて」

など迷っている人が多いなというのが印象的でした。

婚活でも仮交際でなかなか1人に絞り切れない、またお見合いを増やしたいという方は長期化しますよね。

決断するときに決断できるというのは長所ですよね。

質問の仕方は重要

「ポッド」の中で何を聞くかは自由です。

そのため、様々な質問が飛び交います。

「愛情表現が豊かなほうか?」
「料理が好きなのか?」
「動物が好きなのか?」
「バスタオルの使用頻度」
「好きなお味噌汁の具は何か」

私が思ったのは、勿論質問の内容も重要ですが、質問の仕方がとても重要だなと思いました。

ミドリさんの質問の仕方が

「面接官ですか?」

と言われてしまったり

質問に答えて貰ったあとも反応が薄く

「ふーーん…」

と言ってしまうのが勿体ないなと思ってしまいました。

表情が分からないので、例え笑っていたとしても声のトーンや話し方で、この人は自分には興味がないなと残念な印象を持ってしまうものです。

コミュニケーション能力の高さは大切

逆にとても質問の仕方、話し方、聞き方がいいなと思ったのが、モトミさんです。

まず入ってくるときに

「こんにちはーーー!」
「初めまして!」

と必ず明るく入ってくるところが素晴らしいですよね。

お相手側も打ち解けやすい空気作りが上手だなと思いました。

ハキハキしつつも、声のトーンは少し高く

リアクションも

「え!凄い!」

など反応が良く、笑いを交えながらもテンポが良い会話を繰り広げていきます。

また、リョウタロウさんとの初めての会話の中でリョウタロウさんが頑固な部分が短所ですと言ったときに、すぐに

「でもそれって長所にもなりますね。自分に芯があるていいこと

と切り返していてオダッチさんもモトミさんも、お相手の良い部分を見るのが素晴らしいなと思ってしまいました。

1話見て福田の推し男女メンバー

私の1話推しメンバー女性はまずモトミさんです。

なにより反応、話し方、聞き方が女性から見ても可愛い!

こんな女性と話してたら楽しいよねと思い、学ぶ部分も多かったです。

そして1話推しメンバー男性はリョウタロウさんとワタルさんです。

リョウタロウさんは柔らかさと、美容師さんならではの会話と聞き方のバランス感が上手いなと思いました。

またモトミさんとの二人の会話の進め方がほのぼのして個人的に好きでした。

またワタルさんは何よりも「声」が凄く良くないですか?

また会話のテンポとちょっとつっこみながら話ていくのが、女性側もついつい笑いながら話してしまうなと思いました。

まとめ

1話から濃さが凝縮されていて、とても見ごたえがありました。

婚活や交際においても大切なことがちりばめられているので、是非見てみてください。