忙しいビジネスパーソン向けの婚活エージェント「ストル」の福田です。

結婚相談所の婚活では、お見合いが終わって

「また会って話してみたい」
「お見合いだけでは、わからなかったからもう一度会いたい」

と思う場合は、仮交際に進みます。

仮交際は仮とついているように、友達から宜しくお願いしますという交際関係です。

お互いを知らない状態から関係性を築いていかなければいけないので、連絡は非常に大切なコミュニケーションツールとなります。

ですが

・LINEが苦手
・何を話題にしたらいいのかわからない
・1日どれくらいメッセージを送るべきなのか

何が正しいかわからない…

となってしまいますよね。

本日は仮交際の大切な時間を無駄にしないよう、連絡頻度、連絡においてのマナーなどをお伝えしていきます。

仮交際中の連絡頻度は?

お互い

「仮交際を希望する」

という返事が揃いましたら仮交際成立です。

仮交際が成立しましたら

・フルネーム
・電話番号

この2つが結婚相談所を通して開示されますので、ファーストコールをした後はLINEなどでお互い自由に連絡を取って頂きます。

弊社が加盟しているIBJ(日本結婚相談所連盟)では理想としては、1日1往復は連絡をとっていただきたとお伝えしています。

ただし、仕事で忙しい方が多いと思いますしお互いの時間が合わないこともありますので

ファーストコールのタイミングでお互いにとって最適な連絡頻度を直接聞くことが一番です。

「私は出来ればこまめにコミュニケーションをとりながら〇〇さんのことが知れたらと考えています。〇〇さんは毎日連絡するのは苦手ですか?」
「私は仕事が不定期で忙しく連絡を返すのが遅くなってしまうので、マイペースなやりとりでもよければ毎日連絡したいです。」

このときに自分のスタンスだけを貫くというよりは

「自分はこう思いますが、〇〇さんはどうですか?」

自分の意見+お相手を尊重することが大切です。

ファーストコールで確認すべき内容に関しては詳しきはこちらの記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。

連絡のやりとりをする上でのマナー

連絡のやり取りをする上でのマナーはあります。

マナー①返信するタイミング

仕事が出来る人は即返信することが染みついている方が多いですよね。

「それが当たり前」
「社会人として常識」

ですが、声を大にして伝えたいのが

仕事ではないのです!

特に男性で多いのですが、「即レス」することに重きを置いている方が多いですが

返信するタイミングで重要なのは

オウム返し

お相手の返信速度を真似しましょう。

LINEを送信してお相手が1時間後に返信するのであれば、1時間後

10分後に返信するのであれば、10分後とオウム返しするのが一番です。

お相手の返信速度に合わせているうちに

「この人との連絡のやりとりは心地がいいな」

と感じるため、自然と返信が早くなりコミュニケーションを取りやすくなります。

30分後に返信する人に対し、1分以内にLINEしてしまうとお相手も急がなきゃと気を遣ってしまい

「この人との連絡は窮屈だな」

と感じるかもしれません。

マナー②追撃LINEしない

「LINEを送っているのに返信が来ないから、もう1度送ってみよう」
「いつもなら返事が来るはずなのに今日は来ないから、スタンプだけ送ってみよう」

追撃LINEをすることは好ましくありません。

返信をしないということは、何か知らの事情があるから返信をしないのです。

・仕事が立て込んでいて忙しい
・お見合いや他の方との仮交際をしていて手一杯になっている
・お相手に対して気になる点が出てきて、交際終了を考えているため連絡を返してない

いろんな理由がありますよね。

このようなとき

「LINE返せてないな…」

と心の中で引っかかっている状態なのです。

それを追撃LINEしてしまうと、どんどんLINE返さなきゃという荷が重くなるだけなので、返信が無い時はそっとしておくことが一番です。

マナー③チャットのようなやりとりはNG!

連絡のやりとりはただすればいいというわけではありません。

男性のLINEでチャットのようにLINEする人いますよね。

・仕事終わりました
・今、新宿に来てます
・これから家に帰ります

最初は、LINEを続けようとするため何気ない報告LINEでも返します。

ですが、一方的すぎる報告連絡はコミュニケーションとはいえません。

また、このようなチャット形式の連絡は感情が読み取れず、受け取り側は「冷たいな」「言葉尻が乱暴だな」と感じてしまう方もいますので注意してください。

仕事終わりました→〇〇さんもお仕事お疲れ様、帰ったらゆっくりしてね
・今、新宿にきてます→用事があって新宿来てるんだけど、〇〇さんはどのへんで買い物することが多い?
・これから家に帰ります→家に帰って今日は和食作ろうと思うんだけど、〇〇さんおすすめレシピとかある?

自分のことだけを話すのではなく、自分の話題+お相手へ話題をふることがコミュニケーションです。

勿論LINEの頻度も大切ですが、どのような内容を話すかが1番大切なので雑なコミュニケーションにならないよう気をつけましょう。

連絡を取り続けたい!楽しいと思う内容

お相手と連絡をとることが習慣化されるまでが大切です。

では、連絡を取り続けたい!と思ってもらえる内容とはどんな内容でしょうか?

①返事がしやすい内容

お相手の得意なこと、趣味、興味がある話題を知り、その分野について質問してみましょう。

お相手としては、返しやすい内容ですし、自分の好きなことに興味をもってくれているのかな?と嬉しくなりますよね。

「この間〇〇さんが話してたYouTube見てみたんだけど、はまっちゃった!おすすめ動画もっと教えてくれる?」
「〇〇さんが好きそうなカフェ見つけたよ!」

話が盛り上がっていけば、今度のデートのきっかけにもなりやすいのでどんどんお相手の好きなことを知っていきましょう。

②読みやすい内容

ぱっと見て、長い文章が送られてきたら少し構えませんか?

「読むの大変だな...後回しでいいか」
「仕事で疲れてるし、この長文を今読む気になれないから明日読もう」

ちょっと読むのが面倒、返すのが面倒と思われてしまうので、お相手とのコミュニケーションを大切にしようとしても長文は逆効果なのでやめましょう。

1つのLINEで読みやすいのは3行程度です。

あれもこれも伝えたい!とつめこみすぎるよりも、ぱっと読んでフランクに返せる内容がベストです。

③リアクションは大袈裟に

私は、LINEでは感情表現を大切にしています。

「わー!!!嬉しいです!有難うございます!」
「え!いいんですか??とっても嬉しいです!」
「凄い!!趣味の域超えてますね!」

話しているときよりLINEはもっとオーバーにリアクションしないと感情がわかりずらいんです。

最初に感情を入れるようにしています。

「わー!!」だったり「え!!」「凄い!」身振り手振りで伝えられないものを文字の躍動感で伝えると読んでいて、伝わりやすいです。

④写真や動画を上手く活用する

文章だけでお相手を惹きつけるのもなかなか難しいですけど、画像や動画があればもっと話題が広がるかもしれません。

・次のデート場所候補のカフェのインスタの画像を送ってみる
・気になっているアート展の宣伝動画を送ってみる

連絡を返したくない!不愉快に思う内容

連絡を返したくない!と思う内容とはどんな内容でしょうか?

①愚痴やネガティブな内容が多い

愚痴やネガティブな内容は、LINEで受け取っても返信に困ります。

また、そのような内容が多いと

「自分と一緒にいると愚痴を言われる回数が増えるのではないだろうか?」

と身構えますよね。

相談事などであれば、嬉しいですが愚痴やネガティブな内容が多い方は気をつけましょう。

②会話を広げようとしない

会話を広げようとしないLINEは続ける気がないんだなと思ってしまいますよね。

「そうだね」

「いいね」

興味がないんだろうなと思われても仕方ありません。

もし、お相手に興味があるなら、例え興味が無い話題にも反応しましょう。

その話題から何に発展するかはわかりません!

連絡テクニックは磨けば変わる!

連絡テクニックは、変えようとすれば今すぐ出来ることです。

それだけで仮交際が続くか終わるかの運命の分かれ道ともなりますので、

「どうすればお相手は連絡を返したくなるか?」

お相手目線にたって今日から取り組んでみましょう。