婚活エージェントストルの福田です。

お見合いの申し込みをしたにも関わらずなかなかお相手から返事が来なくて、不安になるというお気持ちもあるかと思いますが

見合いの返事は時間がかかると最初から思っていてください

お見合い成立後のやり取りはスムーズな方がいいですが、お見合いを受けるかというところはとても悩むポイントです。

お見合い返事の期限は10日間

お見合いを申し込んでからお相手が考える期間は10日間あります。

自分

担当者

お相手担当者

お相手

お相手との間に各担当者を2人挟むことで、定休日や担当者がお休みの場合はそこで時間がかかってしまいます。

お相手様に届いてからも悩む時間があるので、1日2日で返事が来るということは稀です。

また、10日間過ぎれば自動的に不成立となります。

安易に受けてしまうと、キャンセル出来ない

10日間ぎりぎりまで悩むポイントのひとつとしては、お見合いが成立してしまうとキャンセルが出来ないという点です。

お見合いを気軽に返事してしまった場合、その後にやっぱりこの人は違うかもしれない…と思ったところで取り返しはつきません。

他にも、更に良い人からお見合いを申し込まれたからといって断っていい理由にはなりません。

もしお見合い成立後、キャンセルする場合は違約金¥10,000がかかります。

また、そういった点からするとお見合いのお申込みが次々と来る方はある程度申し込みが溜まってからお見合いを受けるか考えた方が良いということもわかります。

その為、10日間の期限ぎりぎりまで悩まれる人も少なくないのです。

お見合い料がかかる相談所もある

お見合い料が1件¥5,000~¥10,000する相談所もあります。

どの方とお見合いをするかシビアになりますよね。

お見合い、仮交際が立て込んでいてタイミングが合わない

・お見合いが立て込んでいてあと少し経ったら目途が立ちそう

・お見合いのお申込みをしているからその返事が返ってきてから、申し受けするか考えよう

特に忙しいビジネスパーソンは、休日に何件もお見合いと仮交際をしている可能性が高く、予定調整するのが難しいという問題点も起きてきます。

その為、お見合い申し受けの返事をしたいけれども、出来ないという場合もあります。

じっくり待ちながら、並行して次申し込む人を探しましょう

お見合いの返事は返ってきたらいいなくらいに思っていた方が、気持ちも楽になります。

何より、他のお見合い申し込みも同時進行で考えていった方が効率がいいです。

お見合いの返事を待ちつつ、いいなと思った方は一度お気に入り登録していきましょう。

いいなと思った方をまずお気に入り登録して、その後に時間を置いてもう1回自己PRをしっかり読んでみましょう。

さっきはいいなと思ったけど、あれ違ったかもという人はお気に入り登録から外してください。

もう1回読んでみてもいいなと思った方は次お見合いを申し込む候補としてそのまま残しておきましょう。

お見合いのお断りは深く考えない

お見合いが成立したら、お相手との対策を練ればいいので、お見合い前は感情移入せず不成立だったら次のお見合い!と切り替えることが大切です。

1人の人に真っすぐ感情を入れ込むことは真剣交際になってからで十分です。

婚活では

切り替えの速さ

自分から動く行動力

・タフな心

が必要となってきますので、疲れてしまったときは担当エージェントに弱音を吐きながら根気強く続けていきましょう。